転職 セミナー 海外勤務

転職セミナーに参加する

海外勤務を希望するなら転職セミナーに参加する

海外勤務を希望するなら、このような人向けの転職セミナーに参加することをおすすめします。自力での転職活動はよほど現地の事情を知っている人でなければ、困難を極めるからです。考え方や文化、必要となることも国内とは異なります。何よりも現地の人と上手くやっていく必要があるので、該当する国の環境を知っておかなければなりません。 現地のことに詳しい担当者と必ず接触するようにしましょう。生の情報は必ず役立つものになるはずです。現地の人と上手くやっていくための注意点などを知ることができるチャンスにもなりますから、なるべく多くの人と会うべきです。 基本的には、日本のように機能している国はありません。何でも故障が多く、トラブルも多く、そして、対処も遅かったり、放置されてしまうことも多いことを念頭にして働かなければなりません。日本のようにスムーズに仕事はできませんから、同じようにできるとは思わない方が良いです。特に末端社員のやる気は低く、スキルもなければ、向上心もないことが多いのです。 憧れやイメージだけで転職してしまうと、思い通りにいかないことだらけになってしまうこともあるので、注意が必要です。良い面ばかりではなく、悪い面も受け入れることが大切です。 394

転職者こそセミナー・面接後のお礼メールが効果的です

転職のためのセミナーや説明会、そして面接を受けた後、お礼状を送っていますか?新卒者では約10%の学生が実践しているようですが、転職や再就職者の場合は、1、2%程度しか実施していません。その威力は、不採用レベルが採用に繋がることはないかもしれませんが、少なくとも選考者への好印象・ポイントUPになります。 採用担当者は、総合的な判断で評価をしたいと考えていますから、緊張感で本来の能力が発揮できなかった人でも、文章によるコミュニケーション能力やその誠意・熱意はお礼文のひと手間でPRできます。つまり、挽回のチャンスにもなりうるわけです。 ただし、基本的な社会人マナーが欠如していたり、明らかな定型文では逆にマイナス評価になりかねません。 実際の面接や説明会などでの内容を盛り込んだり、企業についての具体的な内容に触れることも大切です。そして大事なのがスピードで、当日に書くことが理想的です。メールが一般的になっている今では、しっかりとした印象を与えたいのであれば手書きの手紙の方が良いかもしれませんが、こればかりは対象となる企業の体質や業種により判断する方が賢明です。 転職者はこのひと手間をかける応募者自体が少ないので、良い意味で目立つ事になり、採用への足掛かりになるかもしれません。 395
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
396